-

外為市場としてのFX(外国為替証拠金取引)を、検証してみます。

FXでは二種類のお金を取引することによって両方の通貨の差引額を受け取れるとの仕組みとなります。

こうした二国の金の関係で出る差益金額をスワップ金利といっています。

こういったスワップ金利は正確にはスワップポイントと呼ばれるらしいです。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントというのは、一日ごとにでも獲得できますけれども日ごとの為替相場の変動により変わってくるそうです。

こんな風にFXのスワップ金利を取得することが目当てで外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをやっているみなさんもたくさんいるようです。

スワップポイントはそのFX業者それぞれに違う点があるためほんのわずかでもスワップ金利が高い取引業者でトレードしたいものです。

とは言ってもスワップ金利は為替のレートが変わると変動してしまうので用心しましょう。

併せて、為替トレードをするにはチャートを読み取る事が大切になるのです。

図表を見る事で、為替の取引の変動を読む事が可能になると言います。

外国の為替に慣れていない人が見た場合、何の図表?などとわからないと感じてしまうかと思いますが要点をわかっておくとチャートが理解可能になるみたいです。

どのタイミングで日本円が上昇するだろうもしくは下がり始めているというように今まさに最も円安だろうとこの図表を読む事で判定する事が出来て、為替の取引を行うために便利なネタとなるそうです。

図表は日本ではローソク足が使われており名前のままローソクの形のような図で表示されているのです。

このローソク足により、高値や安値さらに終値か始値などを示していてグラフの上で種々の格好になるのです。

Category

リンク