-

人は22時から2時の間の4時間、しっかりと睡眠を取ることで健康な体をキープできるといわれています。

もちろん4時間の睡眠では十分ではなく、この時間帯を含むもので最低6時間、そして出来るなら8時間の睡眠をとることが望ましいようです。

しかし人の脳が睡眠の準備をしていないと、しっかりとした睡眠をとることは出来ません。

最近自分は22時に就寝するように心がけていますが、今までこの時間帯は非常にアクティブに活動していたために、なかなか寝付くことが出来ませんでした。

それで仕事が終わり、家に帰宅してから夕食を取り、その後軽く運動するようにしています。

体が疲れると脳は休むように指令を出し、しっかりとした睡眠を取りやすくなります。

この方法はかなり効果的でした。

この定期的な運動のおかげで22時に就寝することが出来、次の日の早朝の目覚めはかなりすっきりとしています。

運動と睡眠のおかげで健康体を保つことが出来、体調の良い日が続いています。

Category

リンク